デンタルフロスで歯周病予防|歯間の汚れをスイスイ落とす

型による違い

綺麗な歯

デンタルフロスを利用する上で、誰でも手軽に利用できるのがホルダータイプと呼ばれるデンタルフロス製品です。ホルダータイプの製品は、主にF字型とY字型の二種類が存在し、それぞれ小さい持ち手が付いているため手軽に利用することができるのです。一般的なデンタルフロスは糸巻き型と呼ばれる製品であり、名前のとおり一本の糸を使用して歯間の歯垢や食べかすを取り除くことができます。しかし、糸巻き型は力加減を間違えてしまうと、歯茎を痛めてしまうため、歯肉炎や歯槽膿漏などの原因を作ってしまうため、慣れている人でなければ使うことは控えた方がよいでしょう。ホルダータイプのデンタルフロスは、小型であるため狭い口腔内でも十分に使用でき、力加減も調整しやすいため、歯茎に負担を掛けずに歯のケアを行なうことができるのです。小型であるため製品一つあたりの単価も安いため、金銭的にも優しい製品となっています。

ホルダータイプのデンタルフロスには、F型とY型の製品が存在します。F型の製品は、取手のついた櫛のような形状をしているのが特徴であり、歯間に向けて取手を押しつけることで、簡単に歯間へ糸を通すことができます。糸を前後に動かすことで歯間にある食べかすや歯垢をこすり落とし、効果的にデンタルケアを行なうことができるでしょう。このF型に対し、さらに効果を高めたのがY型であり、F型よりも使い方にクセがあるものの、性能はF型よりも高いものとなっています。Y型のデンタルフロスは、歯間へ糸を通した後、歯の根元から上に向けて汚れを掻き出すことができます。上から押さえつけて掃除をするF型は、歯の根元に僅かな汚れが残ってしまうこともありますが、このY型は歯の根元から先端に掛けて掻き出せるため、より多くの汚れを取り除くことができるのです。安く使いやすいF型のデンタルフロスか、より性能の高いY型か、個人の好みで選ぶことができるでしょう。

記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加