デンタルフロスで歯周病予防|歯間の汚れをスイスイ落とす

磨きすぎはダメ

型による違い

綺麗な歯

デンタルフロスの中でも、誰でも簡単に利用できるのがホルダータイプの製品です。F型のデンタルフロスなら、安く簡単に歯間の汚れを取り除くことができます。Y型であれば、根本の汚れまで一気に掻き出せるため、高い性能があるのです。

続きはコチラから

ワックス有無の違い

歯

デンタルフロスの中には、糸巻きタイプと呼ばれる製品もあります。ワックスでコーティングされた製品は使いやすく、コーティングされていない製品はより多くの汚れを掻き出すことができるため、好みで選ぶことができます。

続きはコチラから

人気の製品

美しい女性

デンタルフロスの中には、より使いやすさを追求した製品が多くあります。エクスパンドのデンタルフロスであれば、水分を吸うことで膨張するため、より多くの汚れを取り出せる機能があり、さらにフッ素加工品や香り付きの製品も人気です。

続きはコチラから

歯周病を防ぐ

歯のことを大切にしているのであれば、デンタルフロスを利用しましょう。毎日のケアでしっかり綺麗にすることができます。

イラスト

歯の汚れを落とすために、利用することができるのがデンタルフロスです。通常の歯ブラシでは落とせない歯間の汚れを掻き出すことができるため、使用することによりデンタルケアの効果が得られます。デンタルフロスは、糸のような形状で歯間の間へも簡単に入り込めるため、歯ブラシでは届かなかった汚れにもアプローチすることができます。こうした歯間にある歯垢や食べかすなどは、歯肉炎や歯周病の原因ともなるため、歯の健康を保つためにはデンタルフロスを使用する必要があります。歯ブラシによるケアはあくまで歯の表面にしか効果はないものであり、歯間にある汚れを放置し続けると、歯の根元から虫歯に罹ることもあります。歯肉炎やによって歯肉が沈降すると、歯の隙間も大きなものとなり、また虫歯菌が歯と歯肉の間に入り込み、歯周病に罹ることもあるため、注意が必要です。歯周病にかかると強い痛みを覚えるだけではなく、歯が抜け落ちてしまうこともあるため、歯周病を引き起こす歯垢はできるだけ落としておく必要があるのです。デンタルフロスによるケアを習慣付けることで、こうした歯周病などのリスクを低減することができるでしょう。歯周病は年齢が高くなるにつれ発生しやすくなる病であるため、虫歯などの問題に不安を感じている人は、若いうちからでもこうしたデンタルフロスによるケアを行い続けましょう。

デンタルフロスにはさまざまな種類があり、F型やY型のホルダータイプのデンタルフロスもあれば、一般的なホルダータイプのデンタルフロスも存在します。ホルダータイプのデンタルフロスは誰でも気軽に使用することができるため、デンタルフロスによるケアを初めて行なうという人でも問題なく使用することができます。さらに、糸巻きタイプのデンタルフロスであれば、長期に渡って使い続けることができるため、費用の負担もなく使い続けることができるでしょう。糸巻きタイプにも種類があり、無害なワックスでコーティングされているものや、より多くの汚れを掻き出すことができるエクスパンドタイプも存在し、それぞれ使用する人の好みに合わせて選ぶことができるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加